社会福祉法人ひじり福祉会

職員研修制度




福祉サービスの質は、職員の人格・知識・技能に比例します。
資質の向上には自己啓発も必要ですが、ひじり福祉会では、施設内外の研修にできるだけ多くの職員が参加することによって、福祉や介護について学んでいく場を提供していきます。
その結果、職員一人一人が、福祉職員に相応しい豊かな人間性、専門性の高い知識・能力を高め、ご利用者により質の高いサービスが提供できるように努めます。
また、新入職員に対しては、技術、能力、経験などに応じて、メンターを決めて指導するなどの方策で、早期の技術向上を支援します。



平成30 年度施設内研修実施計画

紅葉の郷ゆずの郷
4月29年度運営の総括及び30年度の運営に向けて(倫理・法令順守を含む)
5月褥瘡予防関連高齢者虐待の予防
6月感染症対策関連応急処置・AED操作
7月事故予防対策関連防災について
8月食事・栄養関連褥瘡の予防
9月看取りに関する研修事故予防対策
10月感染症対策関連感染症予防対策
11月身体拘束関連認知症ケア
12月認知症ケア関連感染症予防対策
1月事故予防対策関連嚥下障害について
2月虐待防止関連人権研修
3月人権に関する研修事故予防関連
・早急に研修すべきテーマが生じた場合には、適宜実施するようにする。

① 原則1ヶ月に3回、同じテーマで実施する。
② 勤務割を調整、勘案して出来る限り多くの職員が参加する。
③ 日常業務の中での課題解決のための研修テーマ及び介護サービス運営上必要研修項目を実施する。
④ 施設職員が主として講師となるが、必要であれば外部からの招聘も考える。
⑤ 外部講師を招いての介護実技講習会を引き続き実施する。

施設外研修方針

① 職員には必ず、年に2回は業務として外部研修を受けることを推奨する。
② 職員に研修会等の情報を提供し、参加を奨励する。
③ 参加者には研修後、研修報告書を提出するよう指導する。
④ 研修内容によっては、施設内研修で伝達講習を行う。
⑤ さまざまな資格取得に必要な研修受講には定額の補助金を支給する。